貿易に最適な人材|貿易業界やIT業界への転職!【採用される秘訣】

貿易業界に転職するためには必要とされる人材像を知ろう

貿易に最適な人材

電話をする人

多言語を話せる人

貿易の仕事は、海外の方とコミュニケーションをとる仕事が多いです。そのため、多言語を話せる方は貿易の仕事に向いていると言えるでしょう。もちろん、英語のスキルを持っているだけでも十分に貿易の仕事に活かすことができます。

ワールドビジネスに興味がある人

今や、貿易はどの国においても経済効果が高いので重視されています。だからこそ、ワールドビジネスに興味がある方には転職をおすすめします。国内だけでなく、世界の仕事の中心に立つことができるのも、貿易の魅力でしょう。

貿易に興味がある未経験者

貿易業界の仕事は専門性が高いために、働きにくいと思われがちですが、実は未経験者でも働くことは可能です。当然のこと、いきなり難しいことをさせるわけではありませんので、将来のために貿易の仕事でキャリアアップしたいという未経験者は歓迎されます。

海外移住を考えている人

貿易では、様々な国の文化や言語に触れることが、一般的な職業よりも多いです。ですから、海外のことを知りたい方や海外移住を考えている方の多くが貿易の仕事を選んでいます。海外で暮らしたい場所を探しているなら、貿易の仕事をしながら見つけてみませんか。

貿易の仕事

現代では、どの国でも貿易を行っています。そして、そういった背景から、貿易の仕事が注目されるようになりました。今では、貿易の仕事も様々なものがあり、これから貿易で活躍する職業について紹介していきます。

貿易で活躍する職業

no.1

通関士

通関士とは、海外に物を輸出、輸入するときの税関に関連する手続きを代行する仕事になります。この通関士は通関に関連する専門性の高い知識が求められていて、貿易の仕事の代表的な仕事と言えます。

no.2

貿易事務

貿易事務は名前の通りに、貿易に関係する事務になります。貿易商品の輸出入に必要な英文書類や入力などが主な仕事内容で、貿易について基本的な知識が要求されます。当然のこと、通常の事務とは違い、貿易の知識がないと働くことは難しいです。

no.3

通訳

貿易の仕事に限らないのですが、海外の方とのコミュニケーションをとることが貿易でも必要とされます。だからこそ、通訳でも貿易の仕事としてカウントされています。貿易での通訳の役割としては、貿易する相手との取引を円滑にすることです。

広告募集中